DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acrobat Distiller(アクロバットディスティラー)でPDFを軽量化

distiller-01.png
ワードプレスのアップロード制限の上限を引き上げてみたものの
やはりPDFファイルは重たい(^^;)
そんなわけで、できるだけ軽量化してみることにしました。
これ、DTPしてた頃はよく使ったなぁ・・・

まずは「.pdf」ファイルをPS形式に保存。
20180320Acrobat-04.png

Acrobat Distiller(アクロバットディスティラー)を起動
20180320Acrobat-05.png

Webで見るだけなので「最小ファイルサイズ」でよいかな。(オリジナルの設定もできます)
20180320Acrobat-06.png

「.ps」ファイルを開きます。
20180320Acrobat-07.png

1ファイルずつ開いても良いし、一度に複数開いても良いです。
20180320Acrobat-08.png

自動的に始まりますので、終わるまで待ちます。
20180320Acrobat-10.png

軽くなってますやん!これでアップロードできそう。
(ワードプレスのアップロードの上限を60メガに引き上げたので)
20180320Acrobat-11.png

Adobe Acrobat DC ページを回転した状態で保存

Adobe Acrobat DC になってから、どーも使い方が慣れない(^^;)
前のアクロバットもそうですけど
表示だけの回転と、ページそのものを回転と2種類あるんですよねぇ。
(表示だけだと、ファイルを閉じると元に戻って、ページが寝たままになってしまう)

なので、ページが横を向いて寝ていた場合はこちらが良いかな↓
20180320Acrobat-02.png

20180320Acrobat-02.png

20180320Acrobat-02.png

あとはサイトにアップロードですよ・・・って重たすぎたので
結局軽くしたのですけど、それは後日(^^;)

そのエラーは、どこから来てるの?

クライアントさんのサイトを見ていて
おや、今ごろ気づいた。
エラー出てますやん。

たまたま、開発者ツールのコンソールログを見てしまった。
2018-01-25-js-o1.jpg

個人的に開発者ツールは Google Chrome より Firefox の方が見やすかったりする
2018-01-25-js-o2.jpg
どうも、このサイトがあやしくないですか?

ちょっと行ってみよう。お、バインドのフォームのようです。
2018-01-25-js-o3.jpg

そういやこのサイトにはインラインフレームでバインドのフォームを読み込んでいる部分があります。
試しに、消してみたら、エラーも消えたので、どうやらエラーの原因はクライアントさんがバインドで作ったフォームのようです。
と、いうことで妙に安心したε-(´∀`*) ホッ っとか言っている場合ではないのですけど

そもそも
推奨されていないコード「XMLHttpRequest」とはなんぞや

XMLHttpRequest
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/XMLHttpRequest
より抜粋↓
「XMLHttpRequest は、クライアントとサーバーの間でデータを伝送するための機能をクライアント側で提供する API です。ページ全体を再読み込みすることなく、URL からデータを読み出す簡単な方法を提供します。この API によって、ユーザの作業を中断させることなく Web ページの一部を更新することができます。 XMLHttpRequest は AJAX プログラミングで多く使用されます。」

同期通信におけるXMLHttpRequest.responseTypeの指
https://teratail.com/questions/93196

javascript - 非同期のAjaxリクエストではなく、同期的にjQueryを実行する方法を教えてください。
https://code.i-harness.com/ja/q/208be

同期および非同期リクエスト
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/XMLHttpRequest/Synchronous_and_Asynchronous_Requests

【非同期にして】『XMLHttpRequestは推奨されません』テキストの読み込み方法を模索する・3【警告をなくす方法】
http://kneesockscollector.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

・・・何をしているのか、どう変えたらいいのか、いや、そもそもジャバスクリプトわかってないから、ナゾ(@_@)
非推奨ということは、いつか動かなくなる可能性があるのかなぁ・・・

時代は「https」なんですねぇ

・・・ふと、自分が制作したけれど、クライアントの都合でアップできなかったサイトを、パスワードつけて自分のサーバーにあげておこうと思いました。
アップしたらば、ジャバスクリプトが動かないもよう。
↓エラー出てますやん。
2018-01-20-mkg-01.png

URLの右に出ている、エラーらしきマークをクリックしてみたら
↓安全でないサイトとか言われている
2018-01-20-mkg-02.png

すごいなー、グーグル、自らのサイトであっても「http」だと「安全でないサイト」なのね。
エラーが出ていたリンクは「http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js」
「https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js」に直すとエラーが出なかった。
2018-01-20-mkg-03.png

Google ウェブマスター向け公式ブログ
HTTPS をランキング シグナルに使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html
の影響かなぁと勝手に思ってしまう。

・・・と、これって、今まで仕事でやったサイト、どうなってるのかなぁ?
あ、元サイトが「https」でないから、そのままで良いのかなぁ?
今度見ておこうと、思ったのでした。

いやいや、ほんとは今までの仕事
「http」から「https」にしたほうがいいかもよって
クライアントさんに、いうべきなのでしょうけど(^^;)

さくらサーバーに申し込んでみた

私の数少ないお客様のサーバーは
ゼンロジック、コアサーバー、バリュードメイン
お名前ドットコム、さくらサーバー・・・
仕事柄、管理画面を見ることがありますが
自分で使うには何がいいか?

プログラマー様に「初心者に優しい」と教えてもらった
さくらのレンタルサーバーに申し込んでみました。

手順は以下の通り

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。