DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

アクセス-フィールドサイズプロパティの設定(A-36,37)

アクセス-エクセルデータのインポート の続きです。
(以下、画像はクリックで拡大します)

教科書 A-36
フィールドの説明設定をします。
「T仕入先マスター」を開きます。
「ホーム」→「表示」→「デザインビュー」に行きます。

↓同様に、そのほかの「フィールドサイズ」プロパティを以下のように設定します。
フィールド名フィールドサイズ
仕入先名30
フリガナ50
郵便番号8
住所150
住所250
電話番号12
FAX番号12
担当者名20
メールアドレス40

アクセス-エクセルデータのインポート(A-35)

2013-11-kiyoukashio.jpg ・・・相変わらず、Windows8できゃぷちゃとって
 Vistaにもってきています(^^;)

 アクセス、語れるほど理解していないので
 教科書通りにメモしていきたいと思います。
 今日は 教科書A-35 をおさらいしてみます。

(以下、画像はクリックで拡大します)

アクセスに入りました(^^;)

アクセスに入りました。

実はこれを書いている今日には、アクセスは終わっているのですが
イマイチ理解ができず、先生に今朝 相談したら、
教科書だけではわかりにくいから、本屋さんで
わかりやすいのを探して読んだ方が良いかも・・・
とのことでした。

先生によると
ポイントを習って、そこをつなげて全体を把握できる人と
積み上げて行って、理解できる人がいる・・・とのことで
自分がどちらのタイプかを考えてみては、とのことでした。

そうかー、そもそもそんなこと、考えたことなかったなー。

経験的に、私は理解が遅いタイプ!!
あーでもない、こーでもないしながら分かる感じでしょうか。
ニブイというか・・・(^^;)

・・・と、いうわけでアクセスのおさらいは、ぼちぼちやりたいと思います

アクセスとは、データベースなんだそうで
エクセルではちょっとむずかしい時や、大量のデータを扱う時に
登場するそうです。

教科書の図をそのままのせるのもどーかと思ったので
書いてみたらこんな感じ↓(以下、画像はクリックで拡大します)

先生によると、わかりやすいファイル名にするために
テーブルはあたまに「T」
クエリは「Q」
レポートは「R」と付けると良いとのことでした。

それから、注意事項として、
表の項目名(フィールド名)に半角文字は使わないほうが
良いそうです。

そして、テーブルを開いていると作業できないとか
そんなことになるので、関係のないものは閉じておく方が良いそうです。
先生の小技で、マウスのホイールボタンって言うのでしょうか、
そこをクリックしたら閉じるとのことでした。
2013-11-01-access-012.jpg
クリックできるのを知らなかったので、びっくりしました☆