DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

帳簿について

帳簿の付け方について教えてほしいとコメントをいただきました。
ご質問への回答は、この場でさせて頂きます(^^)

とはいえ、残念ながら
私は経理はシロウトなので「自分はこうしている」
というお話をさせていただきますね。
参考程度に見てください。

私は税務署に個人事業主の届を出した時に
「パソコンで会計」と届け出たので
「記帳指導を希望しますか?」ということを聞かれたので
記帳指導を希望しました。

記帳指導を希望すると、私の時は
税務署からパソコン用のソフトをプレゼントしてもらえる
講習会があり、そこで
ソフトの使い方(帳簿の付け方)を教えて頂けました。

今年(2016年)個人事業主登録をした友人によると
現在は「税理士さんがご自宅に訪問」という形のようです。


ですので、税理士さんが訪問してくれるまでに
用意しておいたほうが良いものは
●会計ソフト&パソコン
●ご自分の仕事用の銀行口座
●領収書(レシート)など(実際に帳簿につけるもの)
●領収書がないものは、出金伝票(100均で売ってる)に
 つけておくと良いと思います
他にもご自身が気づくものがあれば、
用意しておくと良いと思います。

参考
↓私が税務署からいただいたソフトはこちら
みんなの青色申告(ソリマチ株式会社)
http://www.sorimachi.co.jp/products_gyou/min/

2016-10-aoiro1.jpg


↓有名どころでは
やよいの青色申告(弥生株式会社)
http://www.yayoi-kk.co.jp/products/aoiro/index.html



具体的な帳簿の付け方は、ソフトの説明書に書いてあると思います。
ソフトを使って帳簿を付ける前に、出て行ったお金と、入ったお金をまとめます。

入ったお金
私は基本的には銀行振込をお願いしていますが、
飲食店さんは現金払いが多いので、
その場合は自分で仕事用の銀行口座に
振り込んで、どこからのお金か、通帳に書き加えておきます。

出て行ったお金
私の場合は、レシートがあるものもないものも
全て出金伝票に書くようにしています。
レシートは出金伝票の裏にホッチキス止め。
その出金伝票を月ごとにまとめて
それを見ながら帳簿をつけるようにしています。

↓こんな感じ

お金の帳簿上の仕分けなんですが
帳簿につける前に、自分で「交通費」とか「本代」など
同じようなものを一緒にしておくと分かりやすいと思います。

ソフトを使うと、ソフトにすでに仕分けの項目があるので
そこから近い感じで選んで入力していけば良いのですが
きっちりしたい場合は
税務署から来てくれる税理士さんに確認するか

↓このようなところで見てみても良いと思います。
個人事業主(自営業)の経費科目一覧・よくある仕訳例
http://boki.popnavi.net/category/025


・・・と、ざっくりとした内容でしたが
以上、ご参考まで・・・

やる前に心配するよりも、やってしまったら
案外なんとかなるものです(^^;)

安心してください☆

確定申告(平成27年度分)青色申告パソコンでのやり方(個人事業主兼バイトしている私の場合)

去年1回したんですけど、忘れていたので、めも(^^;)
確定申告書等作成コーナー ←確定申告書等作成コーナー

▼手順(関連する画像へ移動します)
  1. 確定申告書等作成コーナー 画像
  2. 平成27年分 青色申告決算書・収支内訳書作成コーナーへ 画像
  3. 青色申告決算書(一般用)「営業等所得がある方はこちら」 画像
  4. 損益計算書 画像
  5. 貸借対照表 画像
  6. 住所・氏名等 画像
  7. 帳票表示・印刷 画像
  8. 「所得税の確定申告書」へ行くよ
  9. 所得・所得控除等入力 画像
  10. 住所・氏名等 画像
  11. 所得0円、払った税金が戻ります。
  12. 帳票表示・印刷 画像

「確定申告」で検索してみました
2016-02-(h27)kauteisinkoku-01.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-02.jpg

確定申告書等作成コーナー
2016-02-(h27)kauteisinkoku-03.jpg

↓私は書類の提出をするので「書面提出」を選択しました
2016-02-(h27)kauteisinkoku-04.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-05.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-06.jpg

平成27年分 青色申告決算書・収支内訳書作成コーナーへ
2016-02-(h27)kauteisinkoku-07.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-08.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-09.jpg

青色申告決算書(一般用)「営業等所得がある方はこちら」
2016-02-(h27)kauteisinkoku-10.jpg

損益計算書 入力。
決算をしたときの 1枚目「損益計算書」と2枚目「月別売上(収入)金額及び仕入金額」
3枚目「地代家賃の内訳」などを見ながら入れていきました
2016-02-(h27)kauteisinkoku-11.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-12.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-13.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-14.jpg

貸借対照表 入力。こちらも決算をしたときのものを転記
2016-02-(h27)kauteisinkoku-15.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-16.jpg

住所・氏名などを入力。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-17.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-18.jpg

「帳票表示・印刷」 青色申告決算書が完成しました。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-19.jpg

PDFファイルが出来上がりますので、保存しました。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-20.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-21.jpg

「青色申告決算書」が印刷できたら、次へ
2016-02-(h27)kauteisinkoku-22.jpg

次は「所得税の確定申告書」へ行くよ
ここで医療費控除や扶養控除、私のバイト代を入れるよ。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-23.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-37.png

個人的な好みで「以前の入力画面で申告書を作成する」にしてみた。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-24.jpg

2016-02-(h27)kauteisinkoku-25.jpg

「所得・所得控除等入力」
この「事業」の部分で、源泉徴収されて振り込まれたものをいれました。
これを忘れると2重に税金を取られてしまう(^^;)
「給与」では学校のバイト代(源泉徴収票を転記)をいれました。
あとは医療費控除など、自分がしたい控除の入力をしました。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-26.png

2016-02-(h27)kauteisinkoku-27.png

住所・氏名などを入力
2016-02-(h27)kauteisinkoku-28.png

2016-02-(h27)kauteisinkoku-29.png

今回、控除したら所得が0円に!
青色申告の控除額ってけっこうありますよねーって
予想通りなので(^^;)今年は、がんばります☆
2016-02-(h27)kauteisinkoku-30.png

2016-02-(h27)kauteisinkoku-31.png

「帳票表示・印刷」 所得税の確定申告書が完成しました。
2016-02-(h27)kauteisinkoku-32.png

2016-02-(h27)kauteisinkoku-33.png

2016-02-(h27)kauteisinkoku-34.png

「ご利用ありがとうございました。」
2016-02-(h27)kauteisinkoku-35.png

「終了」
2016-02-(h27)kauteisinkoku-36.png

お疲れ様でした
あとは添付書類と一緒に、税務署に持って行くだけ☆

追記…持って行ける日がなさそうなので、郵送することにしました(^^)
医療費控除のぶんで重たくなったみたいで
普通郵便で、送るのに400円、返信用は120円でした。
2016-02-kakuteisinkokuokuru.jpg

個人事業主:税務署に出した書類はこんな感じ

・・・いきががり上、個人事業主登録をしなきゃならないことになり
キンチョーしながら税務署に行ってきました。
(※そんな実力も能力もないので、
  フリーランスになるつもりはないんですよ(><)
  職業訓練学校には引き続き就職指導をお願いしています。でも
  廃業する会社の仕事が忙しすぎて、就活できません(@-@)

その日しか半休とれなかったので
税務署の窓口で「今、一緒に書いて下さい」と
お願いして、窓口の人に教えてもらいながら
個人事業主の開業届けを書きました(^^;)

あっさり終わったのだけど、自分はまだ
ドキドキしていたので、気を静めるために
税理士さんのところに務めている友達のとことに行って、報告しました。
(現在某病院に入院中。外科系なので、おくちは元気)

友達「案外、簡単だったでしょ?
   に、しても、これだけ?
   税務署の人もこはるちゃんが稼ぐ気ないのが
   わかったんだな」

「そぉ?」

友達「だって、もっとみんな個人事業主登録する人は
   希望に燃えてて、キラキラ感があるもんだよ。
   こはるちゃんにはそれがなかったんじゃない?」

「月額2千円では、キラキラできんよ」←しかもまだ契約してないし。
 ってか、契約書早く作って連絡しなきゃダメじゃん、私よ。

友達「そうだけど青色申告しといたほうがいいよ。
   ところで、この会計ソフト使用って、なに」

「税務署の人に、帳簿はどれがいるんですか?って聞いたら
  “税務署から帳簿を指定することはないんですよ、
   お仕事によって違いますんで。
   帳簿はどうするつもりですか? 聞ける人はいます?”
 って言うから、友達に聞けますって言ったら
  “ではまず、お友達は何式の簿記って言ってました?”
  “さぁ・・・何式がいいんですか?”
  “・・・それは税務署が指定することではないんですよ・・・
   そうですね・・・とりあえず
   あなたくらいの年齢のかたならパソコン使うでしょ?
   会計ソフトを使用する予定にしておきましょうか。
   その他のところに会計ソフトって書いてくれたら、いいです。
   そしたら、その会計ソフトに準じた帳簿が出来ますのでね。
   それでいきましょう”
 ということだったよ」

友達「あぁ・・・そうなんだ・・・
   税務署の人の気持ちが、なんだかわかった気がしたよ」

・・・と、いうわけで
↓空欄いっぱいでOKの書類(^^;)
↓クリックで拡大します