DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

電話番号の扱い

先日会った、元上司が
「個人事業主の良いところは、相手を選べることだよ。
ムリを言ってきたり、うまくいかないクライアントは
断ることができる、その自由があるところかな。
だいたい、やり直しが多くて難しいクライアントは
よそでもそうだから、断っちゃってもいいと思うよ。
で、断ろうとしたら、金払うからえーやろ!みたいに言ってくるから
最初に仕事を請ける時に
“私の仕事のポリシーとして、信頼できるお相手とお仕事したいと思っています。
お金だけの関係ではないと思っています。ですので、信頼関係が崩れた時は、
お断りさせていただくこともあります。その場合、料金は
その時までのぶんはいただきます” っていうのを
言っておくといいんじゃないかなー。」
と言っていました。
ほほほー。早く聞きたかったですねー。

実は、気がのらない仕事、仕事とは言っても
お金もらえるのかナゾなクライアントの紹介で
簡易なサイト制作を数カ月前に請けたのでした。

やる気が出ず、ほったらかしていたのですが
仕事が入ったので、こりゃ、さっさと片付けないと
やっつけ仕事・・・(^^;)

・・・で、急きょ、簡易な
なんちゃってレスポンシブもどきで組んでみたのですが
パソコンで見ると、電話番号が気になります・・・
↓電話番号をクリックすると、エラーが出ちゃうんですよね

それでググってみたら・・・
↓ ありました!
電話番号へのリンクをパソコンでエラーにしない、ユーザーエージェントによる書き換え
http://miz2403.com/denwa-link/


a href=tel → PCで表示させない方法
http://okwave.jp/qa/q7988380.html



↓ 引用しますと
<script type='text/javascript'>
function smtel(telno){
if((navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0 ) || navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0 ){
document.write(''+telno+'');
}else{
document.write(telno);
}
}
</script>

↓ 電話番号を載せたいところに
<script type="text/javascript">smtel('078-XXX-XXXX');</script>

なんとなく、ハイフン入れてて大丈夫?
<a href="tel:09012345678">090-1234-5678</a> みたいに
したほうがいいのかしらん、と、思ってしまいますが
スマホがないので、テスト出来ず(^^;)
だめだめじゃん、自分

追記・・・ iPhoneで見てみたところ・・・
ハイフンあっても電話番号として認識していました。
電話をかけるにするとハイフンがない番号表示になりました。

いまさらですが

3月末で廃業する会社に手伝いに行っています。
その会社の仕事で、いまさらですが、スマホ用ページを作りました(^^;)

いまさらスマホサイトですか、しかも超・ショボイんですけどーって感じの仕上がりですが
スマホを持っていない自分としては、
ちょっと進歩した気がして、嬉しかったです(●´ω`●)
会社がチェック用にiPhone(電話契約はしていない)を貸してくれました(^^;)

テストでアップした時、それで見たらいいことに気付かず
社長さんから「こはるさん、先日お貸ししたiPhone持ってますか?
あれで見てみてください。僕は自分ので見ますから」と言われて
あ、そっかと気付きました。

↓iPhoneでスクリーンショットをとってみたけど、
↓どうやって送るのか分からなかったので
↓Myガラケーで写真をとりました(^^;)
2014-02-08-iPhone.jpg
なんのことはなく、
ヘッダーに↓以下を入れて

同じく手伝いに入っているプログラマー様に
「これをコピペして使って」といわれたJavaScriptを使ったのでした。

↓コードは以下の通りです。
// iPhoneまたは、Androidの場合は振り分けを判断
if (document.referrer.indexOf('サイトのURL') == -1 && ((navigator.userAgent.indexOf('iPhone') > 0 && navigator.userAgent.indexOf('iPad') == -1) || navigator.userAgent.indexOf('iPod') > 0 || navigator.userAgent.indexOf('Android') > 0)) {
    if(confirm('「サイト名」へようこそ。€\nこのサイトにはスマートフォン用のサイトがあります。€\n表示しますか?')) {
        location.href = 'モバイルサイトのURL';
    }else{
			localStorage.setItem("mobile_flag",true);
		}
	}
プログラマー様によると、ユーザーエージェントというのがあって
ホームページを見る時に、ブラウザが「私、IE9です~」とか
名乗りながら見に来ているらしくて、それで
「私、iPhoneです~」と「Androidです~」と名乗っている場合は振り分け。
・・・の感じなんだそうです。
勉強になりましたm(_ _)m


・・・それはさておき、一難去ってまた一難。
消費税、4月1日から上がりますね。
その会社に、飲食店からメニュー変更の仕事(紙媒体)が
今だけ限定で、どどっときました。
Webの会社なのに、紙媒体の仕事(--;)
ほぼ価格変更とメニュー入れ替えだけ×3店舗
レイアウトの変更あり×1店舗
新規(ページ数は決まっていて、中身はお任せ)×1店舗
合計5店舗のメニュー変更。
廃業する会社はWebの会社なので、他の手伝いの人は紙媒体の制作は苦手
そんな流れで、印刷業界出身の私がすることになりました。
Illustratorのデータを見て、びっくり
社長さんに「前に作った人、印刷は苦手ですね」と、言うと
「Webしかしたことなかった子が作ったからね。
 ・・・・・問題がありますか?」
「奇想天外ですね・・・」
「・・・・(--;)」

画像の埋め込みとリンクの違いがわかっていないとか
RGBとCMYKが混在しているのはもちろん
フォントのサイズが17ptと16.74ptが混在しているとか
線のサイズもバラバラ。
そもそもページ物なのに文字の位置が全部目分量なので
あぁ、Webの人が紙媒体すると、こんな感じなんだなと感じました。
他にも、そこでこう来る?という作りが随所に見られ
創意工夫というか、Illustrator苦手な人が、うんうん悩んで
あれこれやってみて、苦労して作ったんだな~と、感じられました

ある意味、そうか、ここがわかりづらいのか!と、妙な発見をした気分でした。
と、同時に、これで仕事として通ってるんだから
カラープリンター出力仕上げなら何でもアリなんだ!と
おおらかに思うことにしました。
なので、ほんとに最低限のデータ修正だけして
メニューをやりかえることにしましたが
リンクされた画像が消されているのはどうしようもなく・・・
(店長さんに電話したら「そちらの会社にあずけたんだからあるはず」
 私が探しても、ない。社長さんに探してもらっても、ない。
 ない部分のレイアウトを変えたものを出していいかと
 たずねたら「とりあえず、こちらの言った通りにしてくれないと・・・」←ですよね。
 無くしちゃってるのは会社の責任になるし

・・・いろんな意味で、無事終わるのか不安です(--;)

…消費税増税、思わぬところに影響がきました(@-@)

ブログの更新を自分のホームページに載せたい

自分のホームページにブログの更新を載せたい…って、あると思うので
どうしたらいいのかな~と調べてみました。

いろいろと難しいのがあったのですが
こはるレベル(何も知らない人)でもできるやり方を見つけました。
moondakota様の「RSS FeedをJavascriptでウェブページに表示」を使います。

お試しで「れんこんと大根」のホームページに
ブログを更新したら自動的に反映されるようにしていますので
興味のある方はメニュー「TOP」で見て下さい。


追記 : 現在は Google AJAX Feed API を使用しています。
Google AJAX Feed API については
Google AJAX Feed API を使ってブログの抜粋と画像を読み込んでみた の記事ををご覧ください。



具体的なやり方は こんな感じです↓

ブログの「RSS」をクリック
RSS_01.jpg

RSSのアドレスをコピー
RSS_02.jpg

「RSS FeedをJavascriptでウェブページに表示」に行きます
RSS_03.jpg

あとは、先ほどコピーしたアドレスを入れて、好みで設定
RSS_04.jpg

プレビューを見て、良ければコードを取得し、それを自分のホームページに貼ったらOK

すばらしいです。
moondakota様に感謝!!