DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

ポートフォリオ2

相変わらず社長の気に入るデザインができない こはる です。
今日も「ちょっとここが淋しい感じがするんやけど、電話番号とか入れてみたらどうかな」
社長、気を遣ってくれています。
「良くなったやん。 あ!良くなったって言ったら前が悪かったみたいやな
えーと……
………………
俺の好みになってきたやん!

社長、ほんっとに良い人ですね!!!(T_T)
良い人ですね (←こだま)
良い人ですね
良い人ですね

なのにできなくて申し訳ないです。。。(--;)
引き続き頑張りますです。。。


気を取り直して
そんな私の印刷時代の作品です(^^;)
昨日ご紹介した仕事の続きのものがありました。
A4(見開きA3)カラーパンフ。 イラストレーターCS2で制作。

初校 たたきだい です。 これも当日出しですね。
hirono01.jpg

hirono02.jpg

再校 
「建物が表紙に出るのは嫌やねんて。一見何かわからんのが希望らしい」なのだそうです。
これは二日くらいあったような。
余裕あったので、地図と間取り、イラストレーターで書き直してます。
↓あっさり案
hirono05.jpg

hirono06.jpg
解像度低くてこれ以上大きくできなかったのが、難点だけど
もうちょっと考えようがあったんじゃないかな、へたっぴなレイアウトしてますね

↓ごちゃごちゃ案
hirono03.jpg

hirono04.jpg


↓校了 あっさりめが好みみたいですね。
hirono07.jpg

hirono08.jpg


おまけ あとは会報や冊子もしました↓ インデザインCS2
kaihou_monokuro.jpg
↑これはレイアウトさせてもらってますけど
最初からフォーマットが決まっていてひたすら文字を流す!っていう仕事も結構ありました。

↓こんな感じのやつ。 インデザインCS2
tomoduna-page.jpg
↑これは新聞組みで、見出しの高さは本当は一文字ぶん落とすのが正式なのですが
今見ると、落としてないので、組み方としては新聞組みでないからNG。
それから行末も2行空いてしまっているのでNG。
うーん、よくこれで校正通ったなぁ(--;)

組み版はクライアントによって、考え方いろいろですね。
この仕事みたいに、昔から組み版で代々されていたやつだと
文字で全面埋め尽くされてないと美しいレイアウトしてると言えない!ということになるし

その上にのせた、どこぞのPTAの会報みたいに
文字で紙面を埋めるよりも、カットを入れてレイアウトしないと、美しいとは言えない!というのもあるし
それぞれの仕事のルールに合わせる感じです。
とはいえ
もともとがMacなので、私は組み版、苦手でしたね(--;)

今の若い世代の方はご存知ないかもしれないですが
組み版って、難しいんですよ~。
組み版をしてる人は、ほんとにきっちり組みますから、データで見たら全然違います。
数字がそろってる!んですよね。全てにおいて計算できる美しさがあります。
私はザ・目分量(^^;)今でもそのクセがあって、CSS書きながら考えたりしてます。
(社長はトップページのレイアウトしか見ないので、それが通ったら後はもういきなり
HTMLで組んだりします。無謀…)