DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

印刷について語らせて☆

社長にいいの教えてもらいましたーっ

http://gigazine.net/news/20121017-tadapic/
無料で商用利用できてクレジット表示も不要の画像素材検索サイト「タダピク」 説明不要なくらい、いい感じに使い方を書いてくれています


これを使って、やったことはこちら↓(久々のDTP!)
2012-10-chirashi1.jpg
印刷だと、文字のバックにこんな模様を入れたら読みにくいので(*1)、
あまり入れないのですが、読ます気ないので入れました(^^;)

(*1 そこがWebと違う気がします。
    Webではバックに模様入れたり、文字にもグラデーションかけたり
    細かい細工をしますが、
    印刷ではグラデーションとか、あんまり多用しないですねぇ・・・
    印刷だと5%以下はわからないんで、色の使い方が違う気がします。

   「印刷は色の問題がなくていいねぇ、
    Webはモニターの個体差があって大変なんだよ」って
    言ったWebデザイナーさんがいますが、
    印刷の方が色の問題でもめます!多分。
    印刷はお客さんが紙で見るので、最初はプリンターで出しますよね?
    プリンターのインクの色と、印刷機のインクの色は、
    そもそも違うのです。

    プリンターで出たものを「仕上がりはこうなる」と
    思っているお客さんは多く
    営業がちゃんと説明しないと、色校正で、もめます。

    これで何回これでもめた事やら・・・(--;)
    写真集の仕事をした時は本機校正(本当の印刷機で印刷してみる)を
    4回やりました。
    学校案内の時は、印刷の職人さんにプリンターで出したのを見せて、
    近い色に刷り上がるように、インクを練ってもらいました。
    印刷は、刷る紙によって、発色がちがうし、
    刷ったものとプリンターを並べて見比べられるんで、
    そんなに簡単じゃないんです。
    私の数少ない経験からいくと、印刷のお客さんのほうが、
    色はうるさいです。

    他にも、写真の扱いはぜんっぜん違います!!
    印刷はWebより大変です。解像度が高いですから、重たいし(--;)
    合成する時もごまかせないから、大変です。
    Webは72dpiで原寸ですが、
    印刷は基本原寸400dpiで合成や修正をします。

    印刷用のを1枚作る間に、おなじ修正内容で
    何十枚も作れるくらいの違いです。
    内容によっては、もっと違うかも。
    「印刷○日:Web△分」くらいの単位で違うと思う。

    たぶん、印刷業をしていた人がWebをしたら
    写真の扱いに、いろんな意味でびっくりすると思う。
    Webを知ると印刷に戻れないくらい、
    写真の扱いは「らく」(^^;)

・・・なので「印刷なら簡単」ってわけはないんです。
いろんな工程があるし、仕上がりによって作り方が変わるし
印刷はいろいろと、奥が深いんですよ(^^;)

でも
印刷とは違う部分で
Webは「めっちゃめちゃ大変!!」

なので、なんとも言えないです(--;)

・・・Webはいまだ、ダメダメなので構成すらわかりませんが
印刷ではたいがい、このテのチラシは3部構成になっています。
2012-10-chirashi2.jpg
たいていは①はもうちょっと情報が入り、②と③は、もっと細かく情報が入ります。
ぱっと見て、ざっくりと意味が分かって、読みたい人だけが細かい情報を読む・・・
という構成で作ります。
これは超基本形です。この形のアレンジで、いろいろとなりたっています。

でも多分、そんな基本形で作っても社長は気に入らないと思うので
(読みにくい!とか、わかりにくい!とかコメントされそうなので)
読んでもらえるように、マンガっぽくしてみました。
(素材のイラストをアレンジして場面合わせました)
それで勝手に、コピーでもOKなように、
白黒のわざとあっさりした構成にしてみたんですけど(^^;)
そんなことは言われてないので、これでダメ出しされる気もします。
カラーで、もっと背景にパターンとか入れてみても良かったかな?と思ったり。
2012-10-chirashi3.jpg

社長から返事はまだないですけど、もしかしたら気晴らしにさせてくれたのかなぁ?
・・・って、ダメ出しされたりして


追記
↓社長の希望で、カラーになりました。 
2012-10-chirashi4.jpg