DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

最終課題に突入しました

授業について行けないうちに、最終課題に突入しました(^_^;)

最終課題はJavaScriptとJava(データベース)を使ったサイト制作。
あと、設計書と、テスト評価書を出すことが決まりで、内容は自由。

何作ろっかな~と思って、ふと、辞めたクビになった会社の社長が
年末「簡単なサイト制作にチャレンジするんだ」と言ってたことを思いだしました。

社長の行動パターンからすると、多分、年末~年春頃まで忙しいはず。
多分できてないだろうから
「かくかくしかじかで、作らなきゃなんないけど、
ほったらかしにしてる5ページ以内のサイト、あります?
学校の課題なので、お代はいらないですよ」とメールしたら、
予想通りでした(^_^;)。

内容がほぼ先生の求めてる条件を満たしていたので、
最終課題はそちらにしようと思いました。
先生には、Javaのところを、PHPでしたいと伝えて、OK頂きました。

そんなわけで、社長に私の行ってる学校の前まで、
原稿を持ってきてもらいました。

社長は仕事中だし、忙しいだろうから、即帰ろうとしたら
社長「ちょっと説明させて」。
そーいやそーでした(^_^;)。

学校の隣のコンビニで、ペットボトルのお茶を飲みながら、
社長「辞めてもらっといて言うのもなんやけど、どっかえーとこないかなぁー。」
 私「ないですね~」
社長「こはるさん、就活してる?」
 私「忙しくてしてないですよ~」
社長「忙しいって、廃業する会社のほう?
   他の人のことしてる場合じゃないよ。
   こはるさん、もっと自分のことしなきゃ!」。

でもね~、その廃業する会社から、次の会社を紹介するという形で、
辞めたクビになった会社に、仕事いくつか紹介したので
社長的にはよかったんじゃないですか?(^_^;)
   ↑
とは言いつつ、まだ先方の返事待ちなので、どこも確定はしていないですけど



ちなみに、紹介の話があった時、
辞めたクビになった会社の社長に私が電話して
廃業する会社の社長さんにかわってもらいました。
廃業する会社の社長さん「御社の会社概要をこちらにメールして頂けますか。
紹介先ににそれをメールしますので」。

辞めたクビになった会社の社長が送ったメールを後で見せてもらったら、
会社概要とは別に、社長の略歴が書いてあって、
へ~、知らなかった~・・・って私、読んでよかったのかな(^_^;)
宛名が廃業する会社の社長さんと私宛だったから、読んでもよかったのかな

廃業する会社の社長さん「いっぱい書いてくれてるけど、
個人情報だから、これは送らないことにするね」。
履歴書みたいに、社長の生年月日と職歴が書いてあって、なんだかほほえましかったです。
久しぶりに、辞めたクビになった会社の社長の真面目さを垣間見た気がしました。

廃業する会社の社長さん「お互いが気に入ったら良いけど、
お互いに断る権利があるからね」。
ですね~、うまくいくと良いですね!
心よりお祈りしています!!

-------------------
追記・・・仕事、辞めたクビになった会社に紹介した仕事2つとも決まりました。
1つは、廃業する会社の社長さんからメールを頂いて知りました。
もう1つは直接社長さんから言われました。
社長さん「紹介先の会社から連絡あったってことは、向こうにも連絡行ってるね」。

・・・と、いうことはやっぱりお礼の言葉はナシか・・・
あぁ、せめて、私にはお礼の言葉はなくても、仕事を紹介してくれた社長さんに
辞めたクビになった会社の社長から、
お礼のメールなり電話をしてほしかったです(><)

紹介してほしい時だけマメでも、
いざ紹介されて決まったらお礼を言わないなんて、片手落ちですやん。
なんだか廃業する会社の社長さんに、申し訳ない気分になりました。
その社長さんが担当者さんに紹介文を書いてくれたから、
辞めたクビになった会社の社長のとこに仕事決まったんですよ。

辞めたクビになった会社の社長に
「廃業する会社の社長さんはきっちりされているので、
できればマメに報告して下さいね」と、
あんにメールしただけでは伝わらなかったか・・・
もっとストレートに「結果が出たら、ちゃんと紹介してくれた社長さんに報告して下さいね。
どっちにしろ、入札の機会を与えてくれたことに、社長さんにお礼を伝えて下さい!」って、
メールするべきだったのか・・・そんなのは一般的に知っていると思うし、
こうるさく言うのは失礼かなぁ・・・と思ったけど
やっぱり、言っておくべきだった(><)

・・・外の人にはちゃんと対応してくれると期待した私がバカだったのか・・・
あぁ・・・相変わらずというか・・・淋しいものですね・・・
ガッカリ