DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

ワークガイダンスに行ってきました

職業訓練学校では「ワークガイダンス」なる授業があるんですが
その講習会に行ってきました。

感想・・・私のバイトしている学校はマトモだと分かった。
そして、すごくマジメに取り組んでいるのだということも分かった。
この学校の先生方の日ごろの当り前が、他校では違うと分かった。

自分が生徒の時は、当たり前というか、ありがたくも思っていませんでしたが
こうやって他校と合同で、ワークガイダンスを行ってみて
自分が当たり前だと思っていたことが、実はありがたいことだと気づいた。

改めて自分がお世話になった先生方
また今の職場の先生方に感謝しましたです。
みんな、ありがとう!!!


かなりカジュアルな格好の人(出席しているということは、どこかの職業訓練学校の先生)もいて、
いろんな 驚! がありましたが・・・
講義中のこと
クロックスのサンダルを履いてきている人(他校の先生)が
途中でサンダルを脱いで、裸足になり、背もたれにだらんと座るようにして
足を前に投げ出して、話を聞いていました。

私のバイト先の学校では、先生がクロックスサンダルに素足はありえないです。
そして、例えば生徒さんが素足になり、その足を前に投げ出すというのは
自習中ならまだしも、講義の先生(外部)が来られる時にしたら
担任が後でその人に注意すると思います。
と、いうか、話を聞く前に、担任から外部の先生をお呼びしているので
失礼のない態度で話を聞くようにという、前振りがあります。
(なぜって、職業訓練学校は職場のつもりで来てくださいってことに
なっているので、上司が話して、それを聞くときにあなたはどうしますか?
というやつですよ)

服装も、生徒さんに「会社のつもりで来てください」というような指導をするので
先生方はだいたいジャケット着用ですし、私も毎日カッターシャツ着て行ってます。
先生がクロックスの場合、生徒さんにはどうやって指導しているんでしょう?
そもそも、服装の指導や、外部講師の話を聞くときの態度、などという
話はないのかもしれません。(外部講師の話そものがないかも)

実際に、実習をした時に、ワークガイダンスの
授業自体してないという学校もありました。

行く前に、部長から
「グループワークの時、うちの話はせず
ほかの学校はどうしてるか、聞いてきて!」と
電話があったのですが、私のグループ(私の学校込で4校)では
授業そのものをしていないが2校、ほとんどしていないが1校でした。

他校の先生たちから、どうやっているのかと聞かれたり、ほかの先生たちに
科目名は何?、どんな内容を他にしているの?とか
いろいろ質問されて、去年入ったバイトの自分でも
経験ン年の先生達に説明できちゃうということは、手前味噌だけど
自分のバイト先は(職員側から見たら、お給料は激安だけど)
職業訓練学校としては、イケてるんじゃないか?、と感じました。

・・・そんなわけで、外国旅行して日本の良さを再発見するように
他の学校を見て、自分のバイト先の学校の良さを発見しました。
他校は、職業訓練学校ではなく、専門学校のノリに近いのかもしれないです。

自分が当たり前だと思っていたことが、実はありがたいことだったということ
改めて、自分の担任、他にお世話になった先生方、
そして今お世話になっている先生方、みなさんに感謝しました。
みなさん、とってもマジメです。
そして、そのマジメさは、生徒さんに対する気持ちでもあります。

いろんな意味で、発見や驚き、いろいろと気づきがありましたですよ。
行ってよかったです。

↓ガイダンスの中で言われた「心構え」↓
やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。

やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。