DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

向いていない人って、どんな人?

「プログラムに向いていない人って、どんな人?」
バイト先の学校の、プログラミング科の現役プログラマーの先生に聞いてみた。

「仮説が立てられない人ですね。
仮説を立てて、検証して、修正していかないとプログラムは完成しませんから。」

----------

取引先の社長さんで、会社を日本にも海外にも複数持っていて
今は億万長者、立場的には雲の上のような人なんですけど、
そうなる前からお取引あるので、普通に話をしてくれる人がいます。

その社長さん、メルマガもしているので、時々、友達の社長さんから頼まれて
関西の家に帰ってきたときに「メルマガセミナーの講師」をしています。
その社長さんから「パソコンの質問が受講生さんから出たときのために」と、いうことで連絡があり、スタッフでセミナーに参加。

その社長さんがメルマガの個人添削をしているときに
「うまい人は、景色が目に浮かぶような文章を書くんだよ」
その社長さんの友達の、番組企画をする会社の社長さんが言った言葉
「普通、こう来るよね。
では違った角度から見たらどうなる?って一度その角度で切ってみる」

----------

バイト先の学校のデザインの先生に、画像系ソフトが苦手な人について聞いてみた。
「どんな人が向いてない?」
「応用力のない人やね。手順で理解している人。
順番なので、なぜこうするのかが分かってない。
順番なので、順番が変わったら、できなくなってしまう。
そういう人は、画像系ソフトの操作には向いてないよ。
手順はあくまでも、僕が教えるために順番にして話しているだけだから
なぜそうするのかを理解してほしいよね。」

----------

・・・それで何となく、共通点があることに気づいた。
私の言葉で言うと「想像力が重要」ということ。

仮説を立てるにも、こうしてみたら、どうなる?を想像する。

景色が目に浮かぶような文章を書きたいなら、まず自分が想像してみる。
「普通、こうくるよね」ってのは、自分の文章を客観的に見て、
違った角度で切ることも、想像しないとできない。

デザインの先生の「手順ではなく、なぜそうするのかを理解して」
これは、プログラミングの先生が言っていた「仮説」につながる気がする。

右脳、働いてますか~?
理解しようとしてますか~?
短絡的に答えを求めていませんか~?
・・・と、考えることの重要性を自分に問いかけてみた。
関連記事

コメント

非公開コメント

※宣伝目的のようなコメントが時々あることから、コメントを承認方式に変更しました。
アダルトサイト・販売目的のサイトに誘導するもの、宣伝目的のもの、
わいせつもしくは公序良俗に反するもの、
また誤解を招くようなコメントは、削除させていただきます。

トラックバック

http://memo352.blog119.fc2.com/tb.php/887-de1e9fe8


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。