DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

2年ぶり!DTPコース開講

・・・今日も個人的な日記(めも)
バイト先の職業訓練学校では2年ぶりに「広告・グラフィックコース」が開講されるらしい。
めずらしくWebの内容がない「DTP」のコース。
大手での制作長を経て今はフリー、紙だけでなく、立体もできる
経験豊富なベテランデザイナーの先生がメイン。

とはいえ、現役で仕事している人が、1人で全科目持つことは不可能。
学校的には組む講師をさがさないといけない。
誰かいないかな~ということになり、私が以前、他のコースでインデザインを担当したことから
「今回もインデザインを。ついでに他のも、やってみます?」うれしいだしん。

カリキュラムを見て、改めてWebとDTPの画像系ソフトの使い方が違うな~と感じた。

Webクリエータコースのイラストレーター、フォトショップは各5日しかない。
対してDTPコースは教科書から基礎を学ぶのは各4日だけど、その後のカリキュラムがすごい。

色彩の先生(デパートのショーウインドウをやったりしている、こちらもプロ)が入り、配色の勉強。
メインのデザイナー先生がレイアウトの基本やデザインの基本を教えてくれる時間もあり、
名刺のような小物からはじめて、だんだんと大物を作れるようになる、順を追った作品制作の時間もある。
もちろん、訓練生さんは現役プロデザイナー先生に、自分たちが作ったものを見てもらえる。

素晴らしいではないですか!!

私がデザイン事務所に勤めていた時は、上司(デザイナー)は忙しくて、そんなことしてくれる時間がなかったよ。

現役プロに見てもらえるというのは、めっちゃすごい価値ある。

いいなぁ・・・ 私が習いたい(^^;)
とはいえ、普段の会話でも、デザイナー先生の何気ないことばに「さすが!」という部分があり、それだけでもずいぶん勉強になっているけど。(ありがたい。身近な人の価値を忘れないようにしたい今日この頃)

それは置いておいて
個人的な主観・・・・・・
DTPのほうが、画像データの扱いが厳密。
派遣に登録したときも「DTP上がりの人は画像処理が速いから重宝されますよね」と言われたように、DTPの画像の扱いに慣れていると、Webでの画像の取り扱いはめっちゃ楽。
WebからDTPだと、画像の取り扱いがしんどく感じるかもしれないけど、逆はアリ。

だから、イラストレーターやフォトショップがメインの、デザイン系の仕事をしたい人には、良いコースだと思うんだ~。
時代はDTPよりもWebが主流かもしれないけど、訓練内容はとっても良い。
もっと開講されたらいいのに。

DTPとは
DTP(Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは、日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り付けなどの作業をパーソナルコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと。

Wikipediaより引用
関連記事

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018年06月27日 20:58 from -

Re: 勉強中!

コメントありがとうございます(*^^*)
どの科目も一生懸命学び、制作に励んでいる姿を見て
こちらも元気を頂いています。
いつも、ありがとう m(_ _)m

2018年07月07日 13:36 from こはるURL

非公開コメント

※宣伝目的のようなコメントが時々あることから、コメントを承認方式に変更しました。
アダルトサイト・販売目的のサイトに誘導するもの、宣伝目的のもの、
わいせつもしくは公序良俗に反するもの、
また誤解を招くようなコメントは、削除させていただきます。

トラックバック

http://memo352.blog119.fc2.com/tb.php/891-5c2484d5