DTP→ほそぼそとWeb業界のカタスミでお仕事しています・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのエラーは、どこから来てるの?

クライアントさんのサイトを見ていて
おや、今ごろ気づいた。
エラー出てますやん。

たまたま、開発者ツールのコンソールログを見てしまった。
2018-01-25-js-o1.jpg

個人的に開発者ツールは Google Chrome より Firefox の方が見やすかったりする
2018-01-25-js-o2.jpg
どうも、このサイトがあやしくないですか?

ちょっと行ってみよう。お、バインドのフォームのようです。
2018-01-25-js-o3.jpg

そういやこのサイトにはインラインフレームでバインドのフォームを読み込んでいる部分があります。
試しに、消してみたら、エラーも消えたので、どうやらエラーの原因はクライアントさんがバインドで作ったフォームのようです。
と、いうことで妙に安心したε-(´∀`*) ホッ っとか言っている場合ではないのですけど

そもそも
推奨されていないコード「XMLHttpRequest」とはなんぞや

XMLHttpRequest
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/XMLHttpRequest
より抜粋↓
「XMLHttpRequest は、クライアントとサーバーの間でデータを伝送するための機能をクライアント側で提供する API です。ページ全体を再読み込みすることなく、URL からデータを読み出す簡単な方法を提供します。この API によって、ユーザの作業を中断させることなく Web ページの一部を更新することができます。 XMLHttpRequest は AJAX プログラミングで多く使用されます。」

同期通信におけるXMLHttpRequest.responseTypeの指
https://teratail.com/questions/93196

javascript - 非同期のAjaxリクエストではなく、同期的にjQueryを実行する方法を教えてください。
https://code.i-harness.com/ja/q/208be

同期および非同期リクエスト
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/API/XMLHttpRequest/Synchronous_and_Asynchronous_Requests

【非同期にして】『XMLHttpRequestは推奨されません』テキストの読み込み方法を模索する・3【警告をなくす方法】
http://kneesockscollector.blog.fc2.com/blog-entry-213.html

・・・何をしているのか、どう変えたらいいのか、いや、そもそもジャバスクリプトわかってないから、ナゾ(@_@)
非推奨ということは、いつか動かなくなる可能性があるのかなぁ・・・

サイトのボリュームは、どのくらい?

私の数少ないクライアントさんから、相見積の話が出ました。
「もし、某サイトのリニューアルをするとすれば、いくらくらいで、納期はどれくらい?」

クライアントさんの所有するサイトではないのでどのくらいのページ数なのか不明。
こんな時には Screaming Frog SEO Spider というソフト(500URLまでなら無料)を使ってボリュームを見ます。

↓Screaming Frog SEO Spider のサイト
https://www.screamingfrog.co.uk/seo-spider/

Screaming Frog SEO Spider のインストール
2018-01-28-frog-01.png

2018-01-28-frog-02.png

2018-01-28-frog-03.png

2018-01-28-frog-04.png

2018-01-28-frog-05.png

ソフトが入りました。開いてみましょう。
2018-01-28-frog-06.png

↓起動時に出るマーク
2018-01-28-frog-07.png

初回だけライセンスの説明が出てきます。
2018-01-28-frog-08.png

2018-01-28-frog-09.png

データの一覧
2018-01-28-frog-10.png

階層構造で見ることもできます。
2018-01-28-frog-11.png

・・・個人的には、英語のソフトって落ち着かないので
じっくり見たいときはCSVで書き出したりします(^^;)
※CSVをダブルクリックでは文字化けします

CSVファイルをメモ帳で保存しなおしてダブルクリックでも良いし
エクセルからインポートして読み込んでも良いです。
2018-01-28-frog-12.png

エクセルに読み込むときは、文字コードを「UTF-8」 に変更。
2018-01-28-frog-13.png

読み込めました。あとは、目的に応じてじっくり見るだけ・・・
2018-01-28-frog-14.png

・・・って、このサイト、プログラム使われているのでは。。。自分ができる気しないなー・・・(^^;)
そんな時には、できる人に頼めばいいだけさ! 相見積、ありがたいお話なんだから、前向きに行こう。

時代は「https」なんですねぇ

・・・ふと、自分が制作したけれど、クライアントの都合でアップできなかったサイトを、パスワードつけて自分のサーバーにあげておこうと思いました。
アップしたらば、ジャバスクリプトが動かないもよう。
↓エラー出てますやん。
2018-01-20-mkg-01.png

URLの右に出ている、エラーらしきマークをクリックしてみたら
↓安全でないサイトとか言われている
2018-01-20-mkg-02.png

すごいなー、グーグル、自らのサイトであっても「http」だと「安全でないサイト」なのね。
エラーが出ていたリンクは「http://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js」
「https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.9.1/jquery.min.js」に直すとエラーが出なかった。
2018-01-20-mkg-03.png

Google ウェブマスター向け公式ブログ
HTTPS をランキング シグナルに使用します
https://webmaster-ja.googleblog.com/2014/08/https-as-ranking-signal.html
の影響かなぁと勝手に思ってしまう。

・・・と、これって、今まで仕事でやったサイト、どうなってるのかなぁ?
あ、元サイトが「https」でないから、そのままで良いのかなぁ?
今度見ておこうと、思ったのでした。

いやいや、ほんとは今までの仕事
「http」から「https」にしたほうがいいかもよって
クライアントさんに、いうべきなのでしょうけど(^^;)

jetpack(ジェットパック)をクライアントさんのサイトに入れてみた

jetpack(ジェットパック)の画面のめも
jetpack(ジェットパック)の「サイト統計情報」
閲覧数の推移
リファラ(リンク元・どこからそのページに来たのか)
検索キーワード
人気の投稿とページ

・・・いきさつ
元上司が転職した会社のホームページが、リニューアルすることになりました。
それでWeb制作会社の見積と提案書を見た、元上司が「これって、どう思う?」と連絡してきてくれました。
そこは適当に返事できないので、Web集客のプロで頼りになる人に相談。
頼りになる人は、複数の通販サイトの顧問をされているおかたです。
そういう人って、いわゆるWeb制作会社みたいなサイト制作はしていなくて、テンプレート使うんですよ。
いわく「僕から言わせれば、Web制作をさせてくださいって言っている時点で、集客できない人認定ですね。Web制作会社なんて、どっこもそうでしょ?」だそうで、向こうからクチコミで話がくるのが、プロなんだそうです。←と、いうことで、今回も、わたくし、こはるさんからの依頼です(^^;)

そんなこんなで、その顧問様の指示で、元上司の現在のお勤め先のサイトに、jetpack(ジェットパック)を入れさせていただきました。この時に管理画面をのぞいた顧問様「このプラグインの入れ方見ただけで、素人だなって思うわ」って言ってましたけど、元上司の勤務先のサイトを作ったのは、その勤務先の取引先なので、そこは内緒です。

顧問様より、指示「そろそろデータ溜まってきたでしょ。説明できるように見ておいて。資料つくるなんてバカなまねはしないように」
「(?_?)」きくと、資料なんて作るから、Web制作会社の提案書と一緒に見られて、価値が下がるのだそうで「どうせ資料見ても、よくわからないんだから、くちで説明しないとダメ」とのことです。
あら、わたし、資料を作るのは、自分が見ながら話すためのカンニングペーパーなんですけど(^^;)
↓・・・と、いうことで、予習したことを以下に、めも。(明日、顧問様と打合せなもので)

↓jetpack(ジェットパック)の「サイト統計情報」

fc2 ホームページにアクセス制限をかける

2017-12-26-fc2-pw-08.png

バイト先の職業訓練学校では、ポートフォリオサイトを作る訓練生さんもいて
その場合は、アクセス制限をかけるようにしてもらっています。
fc2の無料サーバーを使用した場合、手順は以下の通り。

2017-12-26-fc2-pw-01.png

2017-12-26-fc2-pw-02.png

2017-12-26-fc2-pw-03.png

2017-12-26-fc2-pw-04.png

2017-12-26-fc2-pw-05.png

2017-12-26-fc2-pw-06.png

2017-12-26-fc2-pw-07.png








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。